有田電器情報システム » よくある質問 »

よくある質問

弥生シリーズについてのよくある質問

弥生製品のバージョンアップ・アップグレードのメリットは?

1.お得な価格で購入が可能
バージョンアップ価格は新たに買い直すよりもお得です。

2.今までのデータが無駄になりません
ご利用中の旧製品で作成したデータが利用可能!
※最新製品にコンバートできるデータは、ご利用の製品ごとに異なります。

3.使い勝手が向上
新製品でも基本操作は一緒。機能改善で使い勝手が向上しています。

弥生製品の販売を当社運営のショッピングサイト「ネットで弥生」でおこなっております。
また、弥生シリーズ製品に関する詳細情報を掲載しています。

旧製品からのバージョンアップ・データコンバート可否一覧
弥生最新シリーズ商品のご購入

今使用しているデータを弥生15シリーズで使用することができますか?

弥生08シリーズ以降のデータであれば、弥生15シリーズに移行することができますので、ご利用いただけます。

製品に搭載されているデータコンバート機能を使って、旧製品のデータを利用できる製品
・弥生会計15シリーズ
・やよいの青色申告15
・弥生販売15シリーズ
・やよいの見積・納品・請求書15

製品に搭載されているデータコンバート機能と、製品に同梱されるコンバートキットを使って、旧製品のデータを利用できる製品
・弥生給与15
・やよいの給与計算15
・やよいの顧客管理15

弥生15シリーズ商品は、当社運営サイト「ネットで弥生」でご購入いただけます。

平成26年9月分(10月納付分) 厚生年金保険料率を変更するタイミングは?

平成26年9月分(10月納付分)から厚生年金保険の保険料率が「171.20 / 1000」(17.120%)から「174.74 / 1000」(17.474%)に引き上げられます。
保険料率を変更するタイミングは、設定している社会保険料の徴収時期によって異なります。

当月徴収・・・9月分保険料を「9月度給与」で徴収する
翌月徴収・・・9月分保険料を「10月度給与」で徴収する
翌々月徴収 ・9月分保険料を「11月度給与」で徴収する

【確認・変更方法】
社会保険料の徴収時期は、クイックナビゲータの[給与支払]カテゴリから[給与規定]を実行します。
[給与規定]画面の[社会保険]タブをクリックして、[社会保険料の徴収時期]を確認します。

あんしん保守サポートに加入しないと困ることはありますか?

あんしん保守サポートを加入していない(更新しない)場合には、税制改正に対応できない。
操作方法がわからず困った時に質問できない。などの不都合が生じてしまいますので、加入されることをお勧めします。

少人数~小規模・中規模企業向け業務ソフト「弥生シリーズ」は、弊社ネット通販サイト「ネットで弥生」でご購入いただけます。

弥生ドライブとは?

弥生ドライブは、あんしんなセキュリティ対策*が施されているオンラインストレージサービスです。弥生ドライブでは以下のサービスがご利用いただけます。
※弥生14シリーズ製品をインストールするとデスクトップ上に弥生ドライブのアイコンが作成されます。

*弥生ドライブは、マイクロソフト社のWindows Azure(TM)上で運用されており、24時間365日のシステム監視でセキュリティも安心です。

サービス 機能概要
データバックアップサービス 弥生製品のバックアップファイルやその他のデータを保管できます。
データ共有サービス 共有フォルダーを設定し、他のユーザーとファイルを共有することができます。

*「データ共有サービス」を利用するには弥生IDが必要になります。

弥生製品のお客様番号とは?また、何を見れば確認できますか?

ユーザー登録がお済のお客様

>文書で確認する場合
ユーザー登録後に弥生株式会社から発行されている「無料導入サポートカード」をご確認ください。
既にあんしん保守サポートにご加入いただいたお客様は、ご加入後に発送されている「あんしん保守サポートカード」をご確認ください。

安心保守サポートカード

ユーザー登録後に「サポートカード」がお手元に届いていない方
メールアドレスをご登録された方へは、【弥生(製品名を記載)】ユーザー登録完了と「お客様番号」のお知らせを送信されていますので、「サポートカード」が届くまではそちらでご確認ください。

>製品で確認する場合(11シリーズ以降)

ライセンス認証済でパソコンがインターネットに接続されている場合は、[製品のバージョン情報]
で確認することが出来ます。
1.製品を起動します。
2.メニューバーの[ヘルプ]-[バージョン情報]をクリックします。
『やよいの見積・納品・請求書』の場合は[サポート・サービス]-[バージョン情報を表示します]をクリックします。
3.[お客様情報]の[お客様番号]を確認します。

例:弥生会計 13 プロフェッショナルの場合

弥生バージョン情報


ユーザー登録がお済みでないお客様

「お客様番号」は、ご購入いただいた製品のユーザー登録後に発行されますので、ユーザー登録をしてください。お手続き完了後、登録されたメールアドレス宛に[お客様番号]が届きます。

*弊社ではお客様番号に関してのお問い合わせは受け付けておりません。

弥生販売14で消費税に8%関してどんな準備が必要ですか?また、何か注意することはありますか?

『弥生販売14』はインストールすると消費税率8%の自動計算ができるようになりますので、通常は特別な設定や操作は必要ありません。

ただし、[商品台帳][セット商品台帳][商品価格表]で「税込単価」を設定している場合は、消費税率8%の取引を入力する前に税込単価の変更を行う必要があります。また、4月1日をまたいだ取引が発生する場合なども注意が必要です。

消費税率8%に対応するには何か設定が必要ですか?

『弥生販売 14』では、伝票の日付に応じて税率(課税区分)が自動で設定されますので、通常は特別な設定や操作は必要ありません。

2014年4月1日以降の日付の伝票を新しく作成する場合、明細部に商品を選択すると自動で消費税率8%が選択されます。
※2015年10月1日以降の日付の伝票を新しく作成する場合、自動で消費税率10%が選択されます。

弥生会計のスタンダードを持っています、プロフェッショナルに乗り換えできますか?

はい。できます。「アップグレード」をして頂く事になります。
また、古いバージョンの弥生をお使いの場合は、
「アップグレード」と「バージョンアップ」が必要になります。

法令改定等に対応した最新製品をバージョンアップ製品として、特別価格で販売してまいりましたが、バージョンアップ製品の需要が減少致しましたので、販売を終了させていただくことになりました。(平成28年10月21日)

弥生製品バージョンアップ

弥生ネットワークを導入したいのですが、サーバーが必要ですか?

はい。必要です。
Windows Server OSの入ったサーバー専用機が必要になります。
お客さまが普段操作されているWindows 7やWindows 8などのクライアントPCではありません。

詳しくは、ネットワーク動作環境をご覧ください。

弥生ネットワークシリーズに必要な環境

弥生製品旧シリーズのデータは新製品でも使う事ができますか?

弥生08シリーズ以降の製品はデータコンバート作業を行い、最新の製品で利用できます。
しかし、弥生07シリーズ以前の製品をお使いの場合、新製品にデータコンバートできないので新製品で新しくデータを作成する必要があります。

*弥生製品の最新版購入なら弊社運営「ネットで弥生

弥生会計・弥生販売・弥生ネットワークシリーズカスタマイズ

WindowsXPのサポートが終了したら、XPで弥生製品を起動できなくなりますか?

XPのサポートが終了しても、すぐに弥生製品が起動できなくなる事はありません。
しかし、そのままXPで使い続けていると、大切な弥生のデータが危険にさらされる可能性があります。
また、最新の弥生製品を使う際に、弥生の機能を十分に利用できない可能性もあります。
お早めに対策されることをお勧め致します。

最新製品「弥生15シリーズ」では、「WindowsXP」は動作保証対象外です

「弥生 15 シリーズ」より、「Windows XP」は動作保証対象外となるため、「Windows XP」が原因による弥生製品のトラブルが解決できない可能性が高くなります。「Windows XP」にはインストールするべきではありません。

* 最新版のご購入なら弊社運営「ネットで弥生

弥生会計・弥生販売・弥生ネットワークシリーズカスタマイズ

複数台のPCでデータを共有して使いたいのですが、どうしたらいいですか?

複数台で使用される場合は弥生販売・弥生会計の「プロフェッショナル2ユーザー」製品、「ネットワーク」製品をご検討ください。

また、弥生給与はデータの共有や複数台での同時使用に対応しておりません。

弥生製品の複数台データ共有・ネットワークのご相談・お問い合わせ

ハンディターミナルについてのよくある質問

ハンディターミナルの導入に必要な条件はありますか?

ハンディターミナルの導入には、弥生販売もしくは販売大臣の稼働環境が必要です。
環境がない場合は、ご希望でしたら業務パッケージ・パソコンも含めて当社でご提案いたします。

弥生ハンディ ハンディターミナルに関してのご相談

ハンディターミナルからエクスポートできますか?

ハンディターミナルは、エクスポートではなく、弥生販売、販売大臣NXなどのソフト側からのインポート処理を行います。
ですので、ハンディターミナルからエクスポート処理を行うことはございません。

インポート処理の際は、ハンディターミナルを専用の台座にセットして行ってください。
ハンディターミナルを台座に正しくセットしたことを確認した上で、処理を行ってください。

新規事業立ち上げなので、何も知識がないのですが?

ご安心ください。当社は、ハンディターミナル導入だけでなく様々な業務を行っております。
社内インフラ整備からソフト、ハンディターミナル導入・指導まで一貫してご提案できます。

また、ハンディターミナルと弥生販売や販売大臣などのパッケージ商品との連動をお考えのご担当者は、当社運営サイト「ハンディターミナル」をご覧ください。

ハンディターミナルはリースで購入できますか?

はい。リースでの購入も可能です。
お気軽にお問い合わせください。

ハンディーターミナルのレンタルをしてもらえますか?

当商品は、レンタルは行っておりません。

使用パソコン(データインポート側)のスペックに条件がありますか?

当商品(ハンディターミナル)を使用する為に特別に必要な条件はありません。
但し、販売ソフト(弥生販売、販売大臣NX)との連動ですので、販売ソフトが正常に稼動する環境が必要環境となります。

ハンディターミナルにデータ履歴が残りますか?

ハンディターミナルのデータをソフト(弥生販売、販売大臣NX)へインポートした後は、データ履歴は残りません。

弥生販売、販売大臣NX以外のソフトでは使用できないのでしょうか?

当社で販売しているハンディターミナルは、弥生販売(弥生)、販売大臣NX(応研)のみを対象としています。
商蔵奉行iシリーズにつきましては現在開発中になっておりリリースまでお時間を頂いております。

それ以外でもお客様のご使用ソフトに合わせてカスタマイズ(有償)も出来ます。

当社運営サイト:ハンディターミナル

マイティ通販についてのよくある質問

楽天市場の注文メールは受け入れできますか?

楽天市場の注文確認メールを受け入れるためのEメール変換テーブルが登録済みですので、ご購入いただいてすぐにご利用いただけます。

その他、Eメール変換テーブルを追加登録する事で、色々なメールフォームを受注伝票に受け入れる事が可能になります。

マイティ通信販売で、商品の在庫管理はできますか?

マイティ通信販売のみで、商品の在庫数の管理ができます。
商品の棚卸で在庫数の調整などを簡単に行うには、弥生販売との連動をお勧めします。

マイティ通信販売

カスタマーサポートはありますか?

マイティ通信販売には1台のPCで運用される場合の「スタンドアロンサポートサービス」と複数台のPCで運用される場合の「ネットワークサポートサービス」があります。ご購入後ユーザー登録されてからは3ヶ月間は無料でサポート会員登録され、4ヶ月目以降は有料で1年毎の更新契約となります。
その他、インストールなどの導入から設定、操作説明指導など、当社独自の保守サポートもあります。サポート内容につきましてはお問い合わせください。

新しいソフトを導入すると操作を覚えるのが大変だと思いますが、操作は難しくないですか?

使いたい機能が一覧で見渡せるクイックメニュー方式なので、複雑な操作はありません。
(E-メール受信⇒受注伝票⇒納品・請求書発行⇒送り状印刷 など一連の流れをボタン式で表示しています)

弥生販売などを導入せず、マイティ通販ソフトだけでの受注処理は可能ですか?

マイティ通販は、ネット通販ショップ様向けの受注処理ソフトです。マイティ通販の導入で手作業による受注処理時間を削減できます。
但し、ネット通販で欠かせない売上、仕入、入金、商品在庫管理を得意とする弥生販売との連動で、ネット販売の一連の業務がスムーズに行えます。
もちろん、電話、FAX等による注文も同時に管理できます。

電子入札についてのよくある質問

Internet Explorerのサポートについて(2016/01/12)

マイクロソフト社では2016年1月12日(米国時間)を過ぎると、各WindowsOSでの最新バージョンのInternet Explorer以外のサポートを終了すると発表しております。

福岡県の電子入札システムでは、ソフトウェア要件として記載されているInternet Exploreがご利用可能ですが、マイクロソフト社によるサポートが提供されなくなると、脆弱性に対処するセキュリティ更新プログラムが提供されなくなりますので、お早めに各WindowsOSの最新バージョンのInternet Explorerへ移行することをお勧めしています。

WindowsOS InternetExplorer最新バージョン
Windows Vista SP2 Internet Explorer9
Windows7 SP1 Internet Explorer11
Windows8.1 Internet Explorer11

最新の対応状況は福岡県のホームページでご確認下さい。

http://www.pref.fukuoka.lg.jp/contents/nyusatsu-menu.html

電子入札システムはWindows10に対応していますか?

電子入札システムのWindows10対応時期は未定です。

電子入札システムをご利用のパソコンでWindows10へのアップグレードを開始する旨の画面が表示されてもWindows10へのアップグレードは行わないようお願いします。

誤ってアップグレードした場合にOSを元に戻す方法については、以下のリンク先(マイクロソフトのページ)を参照してください。

Windows10アップグレードFAQ

電子入札で必要なソフトウェアがありますか?

福岡県の電子入札に必要なソフトウェア要件は下記よりご確認ください。

OS ブラウザ JAVA実行環境
JRE6.0 
UpdateXX
JRE7.0 UpdateXX JRE8.0 UpdateXX
WindowsVista
Business/Home Premium
SP2 Internet Explorer7 Update17 Update15、45 Update25
Internet Explorer8 Update17 Update15、45 Update25
Windows7(32ビット/64ビット)
Professional/Home Premium
SP1 Internet Explorer8
(32ビット)
Update17 Update15、45 Update25
Internet Explorer9
(32ビット)
Update17 Update15、45 Update25
Internet Explorer10 Update15、45 Update25
Internet Explorer11 Update15、45 Update25
Windows8.1(32ビット/64ビット) Internet Explorer11 Update15、45 Update25

注1)Windows 7で提供されるXPモードには対応しておりません。
注2)Yahoo!ツールバー、Googleツールバー、gooスティック等のツールバーは、必ずアンインストールしてください。
注3)導入可能なJAVA実行環境につきましては、ご利用の認証局に対応状況をご確認ください。
注4)上記に示すOS及びブラウザ以外では正常に動作しません。
注5)Windows8.1のタイル画面から起動するInternet Explorerでは動作しません。必ずデスクトップ画面のInternet Explorerから起動してください。
注6) いまお使いのWindowsのバージョン及びサービスパックを確認する方法(マイクロソフト社)
注7)Windows8.1のタイル画面から起動するInternet Explorerでは動作しません。必ずデスクトップ画面のInternet Explorerから起動してください。
注8)2016年1月12日を以って、各Windows OSの最新バージョンのブラウザ以外はマイクロソフト社のサポートが終了しております。最新バージョンでの利用をお勧めします。

※2016年1月末時点

PINとはなんですか?

ICカードを使用する際に必要となる暗証番号です。

日本電子認証株式会社(AOSign)の場合、PIN(暗証番号)は、利用者への送付物に同封されている「PIN(暗証番号)について」に記載されています。再発行がされないため、なくさないよう大切に保管する必要があります。
InternetExplorer Ver.10/11で動作しません

電子入札システムを利用するには、福岡県電子入札の関連サイトを「ポップアップを許可するサイト」として設定する。「信頼済みサイト」として登録する必要があります。また、Internet Explorer8以上で利用する場合には、互換表示設定を行う必要があります。

最新の対応状況は福岡県のホームページでご確認下さい。

http://www.pref.fukuoka.lg.jp/contents/nyusatsu-menu.html

電子入札システムを利用するためには何が必要ですか?

電子入札システムを利用するには、下記の機器等が必要になります。

  • パソコン
  • インターネット接続環境
  • ICカード(電子証明書)
  • ICカードリーダ/ライタ
  • コアシステムインストール用の関連ソフト

※電子入札に参加するためには、福岡県の競争入札参加資格が必要です。

電子入札

電子入札システムを使用するパソコンはどのようなものを選べばよいですか?

Windows Vista ・ Windows7・Windows8.1

CPU Core Duo 1.6GHz 同等以上
搭載メモリ 1GB以上(64ビット版は2GB以上)
ハードディスク 1ドライブの空きが、1.0GB以上の空き容量
インターフェイス ICカードリーダーが接続可能なこと

※タブレット・スマートフォンでは動作しません
※2016年1月時点でのハードウエア条件です

インターネット・エクスプローラーVer.9対応となっているが、Ver.10/11は対応出来ているのか?

福岡県では2014/6/11に、Windows8.1及びInternet Explore 10、11に対応できるようになっています。

但し、Windows8.1で電子入札システムをご利用する場合は、必ずデスクトップ画面からInternet Exploreを起動してください。
タイル画面からInternet Exploreを起動すると電子入札システムは動作しません。

また、タブレット、スマートフォンには対応しておりません。

↑このページのトップへ