有田電器情報システム » お知らせ » 応研ジャーナル(2013年春号 Vol.24)に掲載されました!

応研ジャーナル(2013年春号 Vol.24)に掲載されました!

応研ジャーナルの「2013年春号 Vol.24」に掲載された内容をご紹介します。

応研公認店

応研DCP


<記事内容>

大臣シリーズをさらに使いやすく、データ資産はそのまま活用し、外付けモジュール(外部連動アプリケーション)を作り、お客様ごとにご提供しています。大臣シリーズの機能を熟知した、応用企画が可能なスタッフのみが遂行できる業務であり、弊社の一番の強みです。
「営業は全員タブレットを持って外出先から見積書・受注・発注業務を行いたい!」「いつでも商品の単価(得意先別単価)を知りたい!」「業務の効率化ネットワークを確立したい!」「パートさんが入力できる欄だけを作り、重量なデータのみを表示させないインターフェイスを作ってほしい!」「ハンディーターミナルと連動させ棚卸業務を簡素化させたい!」「困った!」などを解消します。

弊社は、応研公認店(Daijin Certified Partner)です。
DCPは、DCI(公認インストラクター資格)のうち、大蔵大臣、販売大臣、給与大臣及び(福祉大臣・建設大臣・顧客大臣・公益大臣)のいずれかのタイトル取得者が在籍する販売店です。

最近の情報を表示

↑このページのトップへ